audio
Japanese
English

庵 IORI

scroll

CONCEPT

日本の美と伝統が凝縮された、
2.84メートル四方の小宇宙。

タテ2.84m×ヨコ2.84m。
この寸法は、日本では「四畳半」とも呼ばれ、茶室にも用いられる伝統的な空間サイズです。

『庵 IORI』は、この伝統的空間を、日本の選りすぐりの素材と
匠の技によって結晶させた、“組み立て式和室”。

靴を脱ぎ、和室内に一歩入れば、日本最高品質の「加子母ヒノキ」が放つ木の香りと、
1500年の歴史を持つ「越前和紙」を通して届く柔らかな光が
あなたを満たします。

日本の美と伝統が凝縮された小宇宙を、いつもそばに。

MOVIE FULL VERSION

MATERIAL

厳選された素材

伊勢神宮にも使用されている加子母ヒノキ。1500年の伝統を持つ越前和紙。匠の技術を結集した金沢の建具。
日本各地から厳選された素材が、『庵 IORI』をかたち作っています。

HINOKI

more

加子母ヒノキ

WASHI

more

越前和紙

TATEGU

more

金沢の建具

ENVIRONMENT

環境への貢献

危機に面している日本の森を救うためには、間伐が必要です。
間伐材を利用した魅力的な商品が生まれれば、間伐はより促進されます。そこで生まれたのが『庵 IORI』です。

DESIGN

プロダクトデザイン

北畑 栄
KITABATA SAKAE

一級建築士事務所 北畑栄建築研究所主催

大型商業施設から集合住宅、景観まで、幅広いデザインを手がける。
モダン和風を得意とする個人邸の設計にも確かな実績があり、
その作風は幅広い層に支持されている。受賞歴多数。

建築は時代のニーズと共に変化していくものですが、工業製品の普及によって技術を必要としない物作りが主流となり、
地域に根付いた昔ながらの産業は衰退の一途を辿っています。
越前和紙の里と同じ街で生まれた私は、豊かな自然と優れた伝統工芸品に囲まれて幼少期を過ごしてきました。
しかし今、街にはかつてのにぎわいはなく、将来に暗い影を落としています。

職人の手から手へと継承されてきた高度な技法は、一度失ってしまうと、たやすく元には戻りません。
それは森林にも当てはまります。
日本は国土の7割を森林が占める恵まれた環境でありながら、
消費する木材のほとんどを輸入に頼り、原産国の生態系に多大な影響を及ぼしています。
このような状況を改善するための試み、それが組み立て和室『庵 IORI』です。

伝統を絶やさず未来へ繋ぐためには、その価値を理解しつつ、新たな可能性を探らなければなりません。
工業化によって職人は活躍の場を失いましたが、日本の工業技術が世界のトップレベルであることも事実。
組み立て和室『庵 IORI』には住宅用に開発された金属を使用しています。
利便性と強度を兼ね備えており、施行時間を大幅に短縮することが可能になりました。
このように、テクノロジーと伝統文化の美しい調和こそが、失われゆく森、技術、地域社会の再生に繋がると私は考えます。
高品質でありながら流通にも適したプロダクトにするために様々な試行錯誤を重ね現在の形に至りました。

ヒノキの風格と美意識が凝縮した空間をぜひ五感で体験してください。

PRODUCT/SPEC

商品概要

フレーム、障子、床の間、畳。パーツごとに豊富なバリエーションをご用意。
組み合わせ次第で自分好みの『庵 IORI』を生み出すことが可能です。

CONTACTUS

購入方法・お問い合わせ

株式会社モノサシパブリックリレーションズ

〒154-0017 東京都世田谷区世田谷1-14-18 恵宅建ビル2F

TEL:03-3429-3688